ホットアイマスクは効果ないって本当?実体験から徹底調査!

ホットアイマスクは効果ない

スポンサーリンク


目の疲れなど、目のトラブルのときに密かに活躍してくれるアイテムとして人気なのが、ホットアイマスク。

自分も使ってみたいなと思っていたけれど、周りで使っている人の意見を聞くと、あんまり効果がない気がするという声が多くて、本当はどうなの?と疑問のあなた。

では、実際のところはどうなのでしょうか。

そこで、今回はホットアイマスクについての口コミや効果などお伝えしていきます。

ホットアイマスクの期待できる効果は?

ホットアイマスクは効果ない

ホットアイマスクを使用することで、期待される効果はいくつかあります。

その効果を見ていきましょう。

効果①リラックス効果

目の周りを温めることで、リラックス出来る副交感神経が優位に働きます。

目の周りがポカポカすることは、もちろんのこと、全身の血流も良くなりリラックスした効果を得ることが出来ます。

効果②疲れ目の解消

目の周りを温めることで、目の周りの筋肉が緩み疲れが取れます。

また、私たち現代人は、スマホやパソコンなど多用する機会が多く意外と目を酷使しているため、気づかないうちに疲労が溜まっています。

そんな疲れもとることが出来て、翌日の目がスッキリしているでしょう。

効果③クマの解消

ホットアイマスクは効果ない

主に血流が悪くなるとできる青クマに効果があると言われています。

目元を温めることで血流がアップするということからそのように言われています。

効果④安眠効果

目元を温める事で、入眠が促され、いつもより短時間で眠りにつくことが出来るとされています。

ホットアイマスクの効果的な使い方は?

 

ホットアイマスクの効果的な使い方は、ズバリ就寝前のリラックスした時間に使うのがオススメです。

1日の終わりに目のリセットをという感じで使うと、身体もリラックスしている状態なので、より効果が高まります。

最近では、開封するだけで、ホットアイマスクとして使えるものは、USBなどで充電して繰り返し使えるものが売っていますが、自宅でも簡単に作ることが可能です。

毎日使うことを考えると、自宅で簡単に作った方が経済的にも優しいので、家計にも安心です。

では、早速、ホットアイマスクの作り方をご紹介します。

ホットアイマスクの作り方

ホットアイマスク手作り

用意するもの

ハンドタオルなど目を覆えるタオル

作り方

①用意したタオルを水で濡らし、タオルから水滴が垂れない程度に軽く絞る
②500Wの電子レンジで①のタオルを約1分程度温める
③②を取り出し、目の上にのせる

注意してほしいポイント

・タオルをレンジから取り出す時には、火傷しないように気をつける
・長くても10分以内で使い終わるようにする
・気分が優れない時には使用しない
・目の周りに傷や皮膚の炎症などがある場合には使用しない
・使用していて少しでも違和感がある場合には使用を中止する

ホットアイマスクの効果なしの口コミ

ホットアイマスクは効果ない

残念ながら、ホットアイマスクを使っても効果がなかったという人の口コミをみていきましょう。

  • ただ、温かいだけで特に変化がなかった
  • クマを解消したかったが、特に消えることもなくそれ以降続けなかった
  • なんとなくスッキリはするが、持続性がなく意味があるのか良く分からない

など、あまり劇的な変化を感じないという口コミが聞かれました。

ホットアイマスクの効果ありの口コミ

ホットアイマスクは効果ない

続いて、効果ありという人の口コミを見ていきましょう。

  • ドライアイで目が辛かったけれど、毎日寝る前にしていたら段々目の痛みが緩和された
  • 夜に使うと翌朝には目の周りがスッキリして、浮腫がとれている
  • 眼精疲労が軽減された
  • 青いクマが大分薄くなった
  • 冷えに悩まされていたけど、じんわりと温かくなるので寝付きがよくなった

などの口コミが聞かれました。

まとめ

ホットアイマスクは私も使っていますが、結構目の周りがスッキリするので、個人的にはオススメだと思います。

もちろん効果には個人差があるので、絶対とは言えませんが、目の疲れなどに悩んでいる方は是非1度試してみてくださいね。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。